寧夏ヤンヤン国際ワイナリー 美楽(メルロー)2015

¥ 3,000

※この商品は最短で7月31日(土)頃にお届けします。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

通報する

中国寧夏省で2005年から高品質なワインを生産している『寧夏ヤンヤン国際ワイナリー』のワインは中国国内のみならず、日本や香港などの権威あるコンクールで賞を取ることもしばしば。

そんな、寧夏ヤンヤン国際ワイナリーの人気ワインの一つである美楽2015、中国語で「美楽」と書いてメルロー。
メルローはフランスボルドーが原産の世界中で栽培されているワイン醸造用のブドウで、ココアやブラックチョコレートのニュアンスを持つ「ボリューム系」のワインで、クミンを効かせた羊肉のグリエや、醤油や味噌の味を強めに効かせた煮込み料理。すき焼き。鉄板焼きの肉料理と一緒にどうぞ

中国で作られる世界レベルの高品質ワイン



それでは、上海でワインバー『シャトーバッカス』のオーナーソムリエとして活躍し、現在はワインや飲食店のコンサルタントなど幅広い事業を行っている、中澤ソムリエにこのワインの魅力を語ってもらいましょう。

寧夏ヤンヤン国際ワイナリーの全てのワインを醸造しているのは、オーナーでもある「フー=ホン(何宏)」さん。
ワイン生産に関わって40年の大ベテランです。

寧夏省でワイン生産が本格的に始まったのが1980年代ですが、フー=ホンさんは「西夏王」という国営のワイナリーで技術者として働き、2011年に念願であった自身のワイナリー『寧夏ヤンヤン国際ワイナリー』を設立しました。
この「ヤンヤン」という名前は、自身の娘さんの名前から、そして世界に通用する高品質な中国ワインを生み出す意味で「国際」という名前をつけました。

『寧夏ヤンヤン国際ワイナリー』では、寧夏省の人口の3分の1を占めるイスラム系の回族も積極的に雇用しており、寧夏省に暮らす様々な少数民族とも最高品質のワインを生産しています。また、植樹などの環境保護や医療活動への募金活動などの社会貢献活動も積極的に行っています。

欧米からはフランスやカリフォルニアなどを始めとしてたくさんの高品質ワインを生み出されています、フランスやイタリアなどの何千年もの長い歴史を持つ国のワインを「オールドワールドワイン」、カリフォルニアなどの比較的新しい地域のワインを「ニューワールドワイン」と呼ばれています。これらの地域は北緯30~40度に位置する「ワインゴールデンベルト地帯」と呼ばれる地域であり中国寧夏省もまたこの「ワインゴールデンベルト地帯」に位置しています。

さて、「美味しいワイン」「良いワイン」を大量に安定して生産できる地域の共通性とは一体何でしょうか?
答えは「昼夜の寒暖差の大きく、降水量の少ない乾燥した気候」です。
つまり、雨が多いとブドウの樹が水分を余分に吸収してしまい水っぽいワインになってしまいます。また昼夜の寒暖差が少ないとブドウの実が良く生育しません。

その意味では砂漠地帯に位置する中国寧夏地区は、ワイン生産に理想的な環境であり「中国のナパバレー」とも呼ばれています。

それらの理想的環境に加えて大切な要素が栽培や醸造を実際に作業を行う「人」であります。
その秘密を知るために、ここで『寧夏ヤンヤン国際ワイナリー』を見学させてもらいましょう。

写真は『寧夏ヤンヤン国際ワイナリー』のマーケティング担当のヤンヤンさん。ワイナリーの名前の由来の人でもあります。
今回は、お忙しい中ご案内ありがとうございました。

まず、ブドウ畑のご紹介です。創業時よりオーガニックな環境でブドウを栽培しています。

実は世界のワイン畑ではフィロキセラという害虫の被害からブドウを守るため、アメリカのブドウの樹の根を接木するのが常識なのですが、砂漠に囲まれた寧夏地区はフィロキセラフリーであるので、『寧夏ヤンヤン国際ワイナリー』では接木をしない本来の純粋なワインが楽しめます。

『寧夏ヤンヤン国際ワイナリー』は600ヘクタールの畑を所有し、その広大な畑から年間200万本のワインを生産することが出来ます。多くのワイナリーは別の会社が栽培したブドウを買ってワインを作るところが多いですが、『寧夏ヤンヤン国際ワイナリー』は全てのワインが自社所有の畑のブドウからワインを醸造しています。


秋になりブドウの収穫が始まると家族や従業員総出での作業となり、収穫が終わるとすぐに収穫祭が始まります。

収穫が終わるとワイナリーの酒蔵で醸造が始まります。

最新式のステンレスタンクの多さも、『寧夏ヤンヤン国際ワイナリー』の自慢のひとつ。

私たちが、「ワイナリー」と聞いたら、一番にイメージする光景ですね。ワインはこのフランスのRADOUX(ラドー)社製のオーク樽で、一定期間熟成させ瓶詰めをして出荷されます。

一般的にワイン醸造には酸化防止剤として「二酸化硫黄」が使用されていますが、創業以来オーガニックな環境で完熟ブドウを使用している『寧夏ヤンヤン国際ワイナリー』のワインには醸造時には一切使用していません。(しかしながら保存の為瓶詰め時に最低限の量を使います)
『寧夏ヤンヤン国際ワイナリー』は自然派ワインとは名乗っていませんが、一般的な自然派ワインの「二酸化硫黄」の数字である1リットルあたり30mgという数字を下回っているワインも多くあります。